叙勲とは、社会や国に大きく貢献した方に対して、勲章などを与える事を指します。国から認められている訳ですから、大変名誉な事なのです。

ちなみに勲章には、旭日章と瑞宝章の2種類があります。前者は、何らかの功績が顕著だった方に対して渡す勲章で、後者は長年に渡って公的業務に携わってきた方に渡される勲章です。

その叙勲に際して、ギフトが贈られる事がたまにあります。例えば親戚が勲章を受け取る場合、大変喜ばしいので祝福のギフトを送りたくなる事もあるでしょう。

贈られる物は、色々あります。金銭やお酒などが贈られる事も多いですが、よく胡蝶蘭が選ばれているのです。

というのも胡蝶蘭は、幸せを呼び寄せてくれると見なされているのです。胡蝶蘭の花は、いかにも蝶々が舞っているように見えます。蝶々が運気を引きつけてくれるような雰囲気があり、大変おめでたい花なのです。また蝶々が舞っているように見えますし、とても上品な雰囲気があります。ですから叙勲を祝福する為に、よく胡蝶蘭がギフト品として贈られているのです。

その目的で贈るなら、白い花の胡蝶蘭が一番無難です。白い色は清純な雰囲気がありますし、何となく誠実なイメージがあるので、白い胡蝶蘭はよく選ばれています。

育て方もそれほど難しくないので贈られて困るということもありません。

大きさも大切です。基本的には、大きな花の胡蝶蘭を贈ると良いでしょう。やはり大きい方が豪華です。

ただし胡蝶蘭の色は、必ずしも白にしなくても良い事もあります。ピンク色の胡蝶蘭も、たまに選ばれているのです。ピンク色には、「あなたが好きです」という花言葉があるので、かえって白色よりも良い事があります。相手との人間関係を考慮して、ピンクも検討してみると良いでしょう。

ところで胡蝶蘭を贈るとなると、値段も気になるでしょう。胡蝶蘭の相場は、おおむね2万円ではあります。状況によっては、3万円前後の胡蝶蘭が贈られる事もあります。個人でなく法人に対して胡蝶蘭を贈る時は、相場もう少し高めになります。

ただ肝心なのは胡蝶蘭の値段ではなく、「気持ち」です。相手に対する気持ち次第で、値段は多少前後します。祝福したい気持ちが強いなら、やや高めな胡蝶蘭を選んでみるのも良いでしょう。

また胡蝶蘭には立て札も設置されます。開店したてのお店を見てみますと、他のスタンド花が飾られている事があるでしょう。たいていそのスタンドには、立て札が取り付けられています。叙勲のお祝いで胡蝶蘭を贈る時も、基本的には立て札を取り付ける必要があります。

立て札の書き方ですが、右側には送り先の名前を書きます。そして立て札の中央部分には祝御授章などと書きますが、御授章御祝もしくは授章御祝でも構いません。たいていその文字は赤色で書きます。

そして左側には自分の使命も書きますが、法人として送る時には、会社での自分の所属や役職なども併記しておきます。ハガキの宛名書きと同じく、送り先よりも一段低い場所に自分の名前を書く方が良いでしょう。

なお立て札の書き方について分からない時は、胡蝶蘭を販売しているお店やウェブショップに相談してみる方法もあります。たいてい親切に教えてくれます。

また立て札だけでなく、必要に応じてメッセージカードを添えても構いません。お祝いの気持ちを、カードに簡潔に書いて添付してみる訳です。長々と文章を書くのではなく、あくまでも「簡潔」な書き方が望ましいです。

では胡蝶蘭はいつ頃に贈れば良いかというと、基本的には10日前後です。勲章を受け取るという話を聞いてから、おおむね10日前後で贈るのが望ましいと言われています。

しかし胡蝶蘭を贈るにしても、相手の都合にも配慮する必要があります。何かの事情で相手が忙しいのに胡蝶蘭を送ってしまいますと、かえって迷惑してしまう可能性があるからです。相手にとって余裕があるタイミングで、贈ってあげる方が良いでしょう。

なお繁忙状況が分からない時は、先方に確認しても問題ありません。相手の都合を確認するのは、特に失礼には当たらないからです。

なお胡蝶蘭を贈るのは、注意点もあります。上述のカードに書く表現は、注意が必要です。

例えば「最近は情勢も厳しいですが」などの書き方は、望ましくありません。ネガティブなイメージになってしまうのは禁物です。

また「変わる」などの単語は、あまり使わない方が良いでしょう。勲章を受け取るのは、とても喜ばしい状況です。しかし「変わる」という表現を使ってしまいますと、その喜ばしい状況が一変してしまうと解釈されてしまう可能性があります。あまり縁起が良い言葉ではないのです。「終わる」などの表現も、控える方が良いでしょう。

それと、到着日は要注意です。あまり縁起が良くない日に胡蝶蘭が届いてしまうのは、避けるべきでしょう。仏滅などは、明らかに縁起が悪い日です。胡蝶蘭を郵送する時は、できれば他の日を選ぶ方が良いでしょう。

基本的には「気持ち」が大切です。相手の気持ちを考えて、喜ばれる贈り方にすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です